2012年9月19日 食育のスペシャリスト”ファスティングマイスター”の検定試験に分子整合医学美容食育協会 東銀座支部であるソレラ銀座から合格者が二名出ました。

 

10月3日、ファスティングマイスターとなった松島晴美さんにソレラ銀座本部事務局にお越し頂いて、お話を伺う事ができました。

 


名前:松島 晴美さん

 

年齢:40代

 

ファスティング5日間経験し、9月19日筆記試験合格。

ファスティングマイスターとなる。



ファスティングマイスター(以下、FM)を目指したきっかけは何ですか?

「”食は大事”という意識は誰でも持っていると思いますし、テレビや雑誌等で断片的な知識というのもあります。しかし、それを寄せ集めても中途半端な知識にしかならず、これからの為に体系的に理解して行く事が必要と感じました。」

 

 


ファスティング前の心境はいかがだったでしょう?

「正直私は、食べる事が好きで年齢を重ねると共に花より団子になっていって(笑)それを自分から絶つということで「食べられないの?」という気持ちにはなりました(笑)それから、応援してくれる方がいるので「出来なかったらどうしよう。。」という不安もありましたね。

 

 


実際ファスティング中はいかがでしたか?

「これも正直にいいますけど、ずっと頭の中にラーメン、焼き肉、とんかつ〜ってぐるぐる回ってました(笑)」


「あはは(笑)それはいつまでですか?」

 

「ファスティング終わる直前まで(爆笑)」

「でもね、ファスティング終わって、何でも食べていいよという状況になってもそれらを食べたいとは思わないんですよ。”野菜が食べたい”とか”身体にいいものが食べたい”というように変わりました。」


「空腹感はありましたか?」

 

「いえ、マナ酵素飲んでいるから空腹感というのはなかったですね。」

 

 


ファスティング終わった後の感想を教えて下さい。

「まずは、視界がクリアになったの!町を歩いていても一人だけ異世界にいるような感覚というのかな。町行く人に「あなたもやった方がいいわよ!」ってつい言いたくなるような(笑)ファスティング終わってしばらくたつからそのクリアな部分が戻ってしまった気はするけれども、定期的にやっていればそのクリアな状態がキープされる気はします。私は、食べる事は好きだけれども、食べないという事も大事だと分かりました。クリアな感覚を戻す為にもまたファスティングやりたいです。」


「気合い入ってますね!」

 

「もちろんです。それにね、今までは体重に目が向いていたけれども、体脂肪率の方に今後は注目したいなと思いました。引き締まった身体でいることが目的ならば体脂肪率のほうが重要ですよね。今まで体脂肪率28%くらいだったのですが、5日間のファスティングと今日まで半日ファスティングを続けていたら22%くらいまで落ちているんですよ!」


「ええと、それは公表していいのでしょうか(笑)」

 

「いいですよ〜(笑)」

 

 


FM研修を受けた感想

「それでは、FM研修・検定の話しに移りましょう。講義を受けて試験を受けられたのですが、講義を受けて意識上変化はありましたか?」

 

「私の場合、ファスティングを行ってから研修を受けたので、より一層理解が深まりました。ファスティングをした事によって自分が赤ちゃんの頃に戻った気がしたのですが、それを理解出来た感じがします。

「お肉が好き」という事は今でも変わらないのですが、お肉を食べる前に生野菜を摂るようになりました。今まで野菜を摂らなければいけないというのは頭で分かっていたのですが、全く実践出来ていませんでした。それが講義を受けて”消化酵素を節約しよう”としっかり理解が出来、実践に移す事が出来ています。思えば食事も”満腹感”に意識があったのが”栄養”に意識が移りました。

 

身体を守ろうという意識になり、頭での情報が身体で反応出来るという流れのようなものが出てきました。

 

年をとり新陳代謝が悪くなったから体重が減らないと思っていたけれども、食べる時間が悪いという事が分かりました。身体の体内の時間に合わせて食事の時間を合わせるという事が自然に出来るようになったんです。

”自然に”というのが一番のメリットですよね。

 

”酵素”に対する意識も相当出てきました。なんで野菜を摂らなければならないのか理解出来た事は嬉しいし、今後に必ず活きてくると思います。

 

思えば、私は今まで自殺的な食事の取り方をしていたのだなと感じます。長生きしたいという強い願望は特にないつもりですが、病気になったら医者へ行けばいいという考え方はなくなりました。」

 

 


FMを取って今後の展望

「FMを取ると様々な展開が考えられますが、松島さんはどのようにお考えですか?」

 

「まずは責任感が出てきましたね。他のFMの方は綺麗な方が多いので自分も頑張りたい。FMであるという事にいい意味でプレッシャーを感じています。試験も次の段階のエキスパートを目指していこうと思っています。それは、ここで勉強をやめてしまい、他の方に適当な事を言わない為に勉強を続けたいからです。「松島晴美が言っている事は本当の事だ」と皆様に思って頂きたいですね。」

 

 


今どなたにこの気持ちを表現しましょう?

「それでは最後にこのファスティングをやってよかった!という気持ちを誰に表現しましょう」

 

「主人ですね!主人にもやってみない?って勧めるのですが、「俺には無理」と言われてしまいます(笑)」


「全然無理ではないのにね(笑)」

 

「ね(笑)食べないという事に対して先入観で無理って言っている所が、少なからずあると思うので、私が何度か経験して変わっていけば、そのうちやってみたいと言ってもらえる気がします。相手を変えようとせずに自分を変えていけば相手も変わるって言う事ですよね。」


「哲学的ですね。ファスティングすると感覚研ぎすまされて、自然とそういう考え方にもなりますよね。」

 

「はい、本当にその通りです。」


「また、是非お話聞かせて下さい。本日はありがとうございました。」

 

「こちらこそありがとうございました。」